忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

は雨の日

私の記憶の中で六月は雨の日、暗雲が黒い来襲の冷たい雨。日光は黒くて、すべて私の意識の中で六月はそんなに怖い怖い「熱」ですからいつも逃げて行きたい。
六月は一年に一度の大学入試の時期で、そこには生徒蛍雪10年もうすぐ終瞭の季節であり、黒い来襲のよいチャンスは、放棄しないで、彼はさらわ一連の私のように用意していない人、殘るのは少数の人から、たくさんの人がすべて恐らく六月、私も同じ六月襲来たびに私は1種の言い難い恐怖、彼はたくさんのことを思い出す:
あの六月の努力、あの六月の汗、あの六月の涙……私はすべての不幸があの六月、あの六月私に失敗しました……そのまま竜頭蛇尾に終わった私の蛍雪10年。正直に言うと私は殘念なのは終わりではなく、のように少ないそこそこに金銭を浪費して、私の最も貴重なすべてをそのまま終わりました、涙が何の用。その時私が多く子供に戻り、私の少年時代はない人より良いが、私にはそんな渇望過去に戻って、私はそれをきれいに洗うことができると思ってすべての不幸なのか、みたいな無邪気な生きて、毎日が楽しい、多趣、幸せに、刺激に満ちた、私は私が帰って、私のように帰ることができる。
六月の私を開けない:口元に笑って、涙が溢れてない。恋人の間にこのゲームを重んじ、兄弟の間には戦略。いつまではただ私自分、人は永遠にただ他人。あのとき、私たちもだんだん熟して、心から考えましたが、人からだんだん寒くなった、純真さはますます少なくなった。昔の夢。永久凍結は過去、未来の夢はまだ遠くて、諦めたいずっと手を離して、歩き続けたいしかしそれぞれの一歩は私はすべてとても疲れているように感じ、呼吸も少し困難。本当に知らない私も私の理想の道の上でどのくらい堅持し、でも、今は堅持して、私は私が本当にすべてを失うのすべて、本当に諦めたくない今わずかにわずか理想。なんと私の道に堅持してそれでは一の人が多くて親密意を励まして、しかし私はすべていくつかの私にとって前途がない、本当に私は恐らく孤独で私を堅持して道路の寂しさを。このままでは本当に私は堅持していつまでもないが、今にも無可頼とね。いつも思ってた未来の道のほんの少しの堅持して、それが少ないほど怖いと思っているのに、それは永久に…
六月は、痛みの中から、寂しさに終わりは回想未来……
PR

陽から

金曜日に私まで阜陽から安慶から3番目の兄。
午後三時過ぎ、インド人の電話を受け取って、私はなく南駅まで迎えに行か。遠くのインド人の姿を見て痩せて立って階段にあちこちわき見をしている。私を見ると、彼は提げて紙の箱に忙しくのわたし。
私は慌てて受け取るのインド人の段ボール、ずっしりと重いのは、彼の家で飼って二匹のガチョウ。インド人は家は全部で4匹飼っていたが、出かける前に、三嫂早く捕まったこの2匹の私達を持って。
これはインド人第三回阜陽。第1回は20年前に私の師範学院の学校へ行って、その時の阜陽が殘した1枚の非常に貧しい様子、師の庭の北門ホテルの垣根を、彼の記憶の中で一番印象深い;第2回は十年前に私が結婚したのだから、道の疲れ、夫が1家のもてなしと押し杯の中で、彼は酔った。その後数日の忙しさの中でいたとしても、顧て阜陽の変化を感じる。今回、彼は私の顔を見るなり、阜陽変わって、道中は以前よりきれいで、家も以前より高く、道中の通行人さえ感じが以前より精神、ないした印象で破綻の光景になった。
インド人のこの何日、私はずっとそばに彼の身の回りでは、お酒を飲むと、彼に付き添って、阜陽が特徴のあるところを回しながら、彼はここで適切なリラックスを得られる。私は知っていて、私たちの兄弟5人の中で、インド人は一番苦労する。中学校を卒業した後、故郷の小型部材工場でアルバイトをやる。彼のやることは最も苦い活が、未見彼と呼んでいた苦い;彼も一番家族思いの兄弟は、しばしば工場で給料をそっくりに渡して、彼はいつも母の手に;彼は兄弟の中で最も細心の、仕事の合間を利用して彼に勉強になった仕事についての方面の技術知識となり、この業界では上手。覚えていないことに数年、彼は盤したのはそのプレハブ工場と次兄と一緒に勉強を始めて自分の経営。おそらく年代が原因で、二人の兄はずっと朝早くから夜遅くまでやっているのだが、その数年の商売はずっとよくない。インド人に言って、彼らはずっと堅持して何年も、中間も思っていたが、あきらめなければならない、いつまでも頑張ってきて。「今は以前よりだいぶ良くなりました、一番いい子人の出費はみんなまだまだ倹約」、インド人満足に笑うSpeed Dating Hong Kong
は阜陽のこの2日間、私は明らかに感じたインド人の変化。年齢の原因かもしれませんが、インド人が好きだ。夜ごと、私たち兄弟二人はいつも遅くまでかかった。雑談家庭をしたり、兄弟と子の、で話が一番多いのは、亡くなった両親中醫保健養生
インド人は極親孝行な人ですから、彼の両親はいつも何でも言うことを聞くのは、珍しく彼は親不孝親の気持ち。両親が病気の間、面倒を見るために、わざわざ彼の部屋を寝室と隣にキッチン、両親は彼のそばに。このように、すべての夜に親が医者を探した時に、彼らは壁の上でたたいて、どんなに遅くてもすぐに立ち上がって、インド人は家の中を彼らの医者診察。同郷の人達も「私の両親の苦労を一生。以前は条件はよくなくて、家はあまりにも貧しかった。今は条件が良い時、両親はいない、本当に享受していないしたね子供の日の幸運。」いつもここに話及んで、インド人は目に涙を、低て頭、顔のが後ろめたく。そして母について彼のために生二人の娘で、彼の不満もない難題に彼は心に刻みつける美容專科
インド人歩いた日の朝はとても寒くて、彼は5時過ぎ起きました、客間の話題を聞いて、私と夫を作ってあげた時の朝食。インド人は少しだけ食べて、黙々としての。息子は破った部屋に寂しくて、かれは三伯彼の部屋に携帯で写真を撮って記念に殘る。街には冷たく、駅の行を通行人が少ない。インド人を車を見送って、はるかに車の遠く去って、私の心はまるでも従って彼は遠いふるさとに戻りました美容中心
私の記憶の奥に、インド人は永遠の勤勉、善良とように積極的で、一位は心から尊敬に値する私の良い兄、永遠Dating Serviceに……

一處安樂窩

累了,我想睡了注射玻尿酸
  想找一處安樂窩,像小鳥一樣一樣自由自在
  累了,我想哭了4s動感豐胸
  我想回到從前無憂無慮的少年
  累了,我想睡了香港脫髮治療
  想一個人,靜一靜,抬頭看看天,太渺小,低頭看看水,你真的累了,累的是什么?
  總想自由,誰又能自由得了,無論你是誰,都無法自由香港減肥診所
  累了,想要逃避
  我能逃到哪
  我能避到那
  累了。真的累了,看到那落葉漸漸飄落,飄落我的思緒,擾亂了我的神經,想要永駐,不能!只能隨風飄,隨風落,就那么無情,那么冷漠,人世間太多可怕,我想遠離。
  累了,累的我好冷
  人情冷暖,擦肩而過,刺骨的冷冽從你的雙眸射進寒風
  累了,我的春天卻是你的秋天,看不到金色的果實,聞不到收獲的喜悅,我只看到你獨坐枯樹下的蕭瑟,只聽到秋風的哭泣,秋雨的哭咽。
  為我累了,我的心在落雪,鮮艷的紅,蒼白的單調,混論的組合,奏出令人心酸的凄涼,難以置信的恐怖,誰都如此,遮得住眼,遮得住嘴,遮不住心,在你悄悄地走過,雖然認為沒有留下什么,其實你的心卻留下一道道淺淺的烙印,直至你消失的剎那也不會隨著時間而改變,那純潔的白卻變成蒼白的無力,未免讓人不忍,可是在無力也不會發生什么轉機,當蒼白變成血紅已經麻木,看不到一望無際的白,看不到冰天雪地的冰清玉潔,為什么!因為我們的心不再純潔,我們的心不在天真,在歲月的流逝下禁不住時間的改變,禁不住金錢的誘惑,禁不住利益的左右,也許有一天我們會發現天不再那么藍,云不是那么白,水也不是那么清的時候,也許我們會笑一笑,諷刺的答案,諷刺的笑容,凍結在日落的黑暗,奏響死亡的樂曲。
  我累了,受卻在不停地敲打,想要給她敲出一首音樂,只為她的唯一。不斷地落指,沙沙沙,你聽到了嗎,只有傾聽,只有用心去感應你我的心跳,在心跳中演繹愛的真諦。
  我累了,想找個哭泣的懷抱,想要一份溫暖,可是我覺得好冷,在你的心跳中、你的呼吸中我冰凍了,也讓我懂了,時間是催化劑,催化一切已成或為成的事或物,應為我相信了命運,相信了自己,不再那么的天真,不再那么的固執。
  我累了,天漸漸冷了,我想睡了,懷念那溫暖的被窩,暖暖的,軟軟的,如果有個狗熊抱在懷中一定會更加舒服。
  看日出日落,我讀懂了生命了寶貴,看云卷云舒,讀懂了,人生的起伏波折;看萬流入海,誤讀懂了包容與原諒,看潮起潮落,讀懂了生死的含義死并不可怕,可怕的是不敢去面對,當你面對了,卻有坦然。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R