忍者ブログ

青春是什麼滋味

青春就是鄭微對陳孝正說了一句:‘我喜歡你’,而陳孝正回了她一句:‘你神經病啊’,後來她們在一起了,結局又分開了……

  最近電影《致我們終將逝去的青春》正在熱播,引起了很多人的共鳴,看這部電影的人基本都是中青年人,這些人都有一個共同的特徵:青春已經逝去或正抓著青春的尾巴,大家都是為了緬懷即將逝去的青春。

  故事情節是講述的是一群青春男女校園時純情幸福的愛戀和畢業後分道揚鑣、形同陌路,最終相愛的人因種種原因沒能在一起。青春,對於每一個人來說都是最為珍貴幸福的記憶,它包含著歡笑、痛苦、成長、蛻變,是生命定格下最唯美的音符,是每個人心中最動聽的旋律。有人說時間真是一劑霸道的良藥,悄無聲息地帶走了我們最想留住的青春。

  青春是終將腐朽的,時間對誰都公平,每一個人每一段青春都會經歷不同的挫折、傷痛和洗禮,這便是成長。每個人成長的定義各不相同,對我而言,真正領悟的人生和生活的真諦,懷著一個樂觀積極、豁然闊達的心態,不會在被青春傷痛所困擾,那便是成長了。

  關於青春的點點滴滴,澀澀情愫,如同一首縈繞在耳邊的曲子,有喜有憂有甜有痛,恍若水月鏡花,經不起一絲絲觸碰。而這些關於青春的記憶,猶如電影膠片一樣,在我們一個人的沉浸時候,便會自動放映,把我們拉回過往最美的年華裏,於是,我們總是邊生活著,邊戀著一段過往。

  然而,現實總是殘酷的。也許青春的道路註定了不會一帆風順,社會的世俗和生活的無奈,一步步打碎我們青春時的夢,青春仿佛都是站在十字路口的中間,很多人會迷茫、彷徨、不知該往何方,踏出的第一步也許就關乎以後人生的方向,所以青春裏走的每一步都是那麼的小心謹慎,很多人在心裏不斷祈求前路無需多麼平坦暢通,只要少走彎路就好,可是,在青春裏付出的心血和收穫的幸福從來不成正比,越想去愛的人,就越得不到愛;越想達到的期盼,就越偏離軌跡,事與願違。

  見鬼去吧,什麼終將逝去的青春,我賭一次永恆!對於美好的事物,人們總是說曇花一現,感歎時間是最毒的藥,害怕失去,所以惋惜,或許青春充滿了太多的活力,所以青春總是可以那麼張揚、那麼無羈。很多人談起青春的時候都是顯得很歡樂又夾雜著無奈,青春是一段幸福甜蜜的憂傷,其中百味只有自己知道,在時間的洪流裏青春不會永恆,但青春的幸福時光會定格在我們的人生裏,在每個人的生命裏裏都是永恆的!!!
PR

故鄉

故鄉的春天是我今生的起點,故鄉的月亮又是故鄉春天的起點,正因為如此,我此生是以故鄉月亮行走的方式行走於世界之中,從故鄉的泥土上走出來的人們,就算身處異鄉,舉頭望月,那月亮始終是故鄉春天那輪月亮的顏色,無法改變!那樣的雲彩,陪伴著那樣皎潔的月色,生長著一點點憂傷,蕩漾著一縷縷思念……

在缺少蟈蟈叫聲的春天夜裏,天邊那一彎月牙呢?你是誰呀?是陌生又熟悉的你嗎,怎麼春天總在你清澈的眼神中行走?當你燦爛的笑容遞過來的時刻,燕子的剪影在麻雀的叫聲裏飄舞,似那一縷輕夢,總能輕輕喚醒春風。當我懂得人世間最初感情的時刻,你就掛在春天的樹梢上,直到今朝,依然掛在我寂寞的窗口。妻子的月亮,受不了春天瀟灑的風寒,躲在家的懷裏不肯出門,而你卻伸出那只忘情的小手,推窗而入,悄悄走進我的心田。在這樣的春天,許多故事入夢了,但是關於你的記憶在漫天飛翔。那是多麼撩人的畫面,我深陷得不能自己,綿綿恙笛老是陪伴縷縷月色定格於窗戶的畫框裏,無需要春風給力,我能夠很快發現了你,我的思念與牽掛一次次驗證了我對你的虔誠。雖然,直到今天,你還是你,我還是我,在親密的間隙裏夾著少許陌生,但是依舊改不了那繾綣的味道。不要懷疑我是否是青銅器,古董就古董,在春風門前我算不得高雅,但是也不會作賤自己,否則就沒有勇氣面對八面來風的春天,和春天玲瓏剔透的明月了

春天的月亮的是有心思的,深得讓人可以跋涉一輩子,月亮的心思只有月亮知道,但是人的心思月亮一定知道,否則她怎麼能那樣善解人意,跟著人的感覺,走進人的靈魂深處?你看,你看啦,故鄉春天的月亮行走著行走著,一不小心就出軌了,掉進故鄉清澈的小河裏。我不知道,你是不是以出軌的樣兒走進我的空間的?成為我忐忑的期盼,但是,毋容置疑你已經活在我的天空裏了,不知我是否也能走進你的家園裏?我一直堅定的認為:一個人能活在另一個人的心坎裏這是多麼多麼幸福的事情。

妻子是土生土長的故鄉人,如春天那一輪滿月,總是勤勤懇懇掛在家的中央,穿著花圍裙,老在廚房奏響鍋碗瓢盆交響曲,在洗衣機旁唱響洗衣歌,用純樸燃燒自己,默默地用愛呵護、堅守、保衛自己的地盤。隨著時間的荏苒,我很少端詳她認真的模樣,只是,每天清早,梳洗打扮一番,真的特靚,堪稱精品女人,但是每天下班回家卻是灰頭土臉。我戲曰:“老婆,你每天打扮得那靚是給別人看的,每天交給我的是一個次品女人。”“那是為你撐面子唄,我的壞蛋蛋!”老婆有意無意笑嘻嘻的說。我知道,那裏頭藏著的東西叫生活,叫日子。一個女人敢把最醜的一面展現在男人面前,那她早就把靈魂交付給了那男人保管了。在妻子的勞動中翻開了家的嶄新的一頁,而妻子面對春天報以憨厚一笑,就如春天那一輪清澈滿月,但是,幸福就是在那一刻簡單開始了……

は雨の日

私の記憶の中で六月は雨の日、暗雲が黒い来襲の冷たい雨。日光は黒くて、すべて私の意識の中で六月はそんなに怖い怖い「熱」ですからいつも逃げて行きたい。
六月は一年に一度の大学入試の時期で、そこには生徒蛍雪10年もうすぐ終瞭の季節であり、黒い来襲のよいチャンスは、放棄しないで、彼はさらわ一連の私のように用意していない人、殘るのは少数の人から、たくさんの人がすべて恐らく六月、私も同じ六月襲来たびに私は1種の言い難い恐怖、彼はたくさんのことを思い出す:
あの六月の努力、あの六月の汗、あの六月の涙……私はすべての不幸があの六月、あの六月私に失敗しました……そのまま竜頭蛇尾に終わった私の蛍雪10年。正直に言うと私は殘念なのは終わりではなく、のように少ないそこそこに金銭を浪費して、私の最も貴重なすべてをそのまま終わりました、涙が何の用。その時私が多く子供に戻り、私の少年時代はない人より良いが、私にはそんな渇望過去に戻って、私はそれをきれいに洗うことができると思ってすべての不幸なのか、みたいな無邪気な生きて、毎日が楽しい、多趣、幸せに、刺激に満ちた、私は私が帰って、私のように帰ることができる。
六月の私を開けない:口元に笑って、涙が溢れてない。恋人の間にこのゲームを重んじ、兄弟の間には戦略。いつまではただ私自分、人は永遠にただ他人。あのとき、私たちもだんだん熟して、心から考えましたが、人からだんだん寒くなった、純真さはますます少なくなった。昔の夢。永久凍結は過去、未来の夢はまだ遠くて、諦めたいずっと手を離して、歩き続けたいしかしそれぞれの一歩は私はすべてとても疲れているように感じ、呼吸も少し困難。本当に知らない私も私の理想の道の上でどのくらい堅持し、でも、今は堅持して、私は私が本当にすべてを失うのすべて、本当に諦めたくない今わずかにわずか理想。なんと私の道に堅持してそれでは一の人が多くて親密意を励まして、しかし私はすべていくつかの私にとって前途がない、本当に私は恐らく孤独で私を堅持して道路の寂しさを。このままでは本当に私は堅持していつまでもないが、今にも無可頼とね。いつも思ってた未来の道のほんの少しの堅持して、それが少ないほど怖いと思っているのに、それは永久に…
六月は、痛みの中から、寂しさに終わりは回想未来……

堕落した

警告なお前ら、堕落して、あなたは資格がない!
誰もが堕落の資格がある。
あなたが更に気がふさいでない、退廃的dream beauty pro新聞で、別の知己が見つからない愛
あなたが更にあなたの最後は退廃的で、最終的にはすべてを失って、
堕落のイデオロギーに脱皮中高級低級。
堕落が一定の高度に立って、
駅のが高いほど、堕落したほどのすごい
一生無知で、無所を、他の人はあなたを責めてはいけない、
を責めてはいけないあなたを軽蔑するので、あなたはざまを見ろ!
一つは物質の堕落!
一つは精神の堕落!
あるいは堕落は一種の生存状態!
もしあなたはひたすらの退廃、
この最後の機会が失われ、不毛な廃物になる!
目を覚まして!もう、堕落した!
切なくて、他の人に教えないでください、
他の人は永遠にすべて分かるわけないあなたの立場の感じ網購淘寶
苦しくなった、
静かにしゃがみこんで自分を抱きしめて、思いきりのこぼれる涙。
苦しくなった、
今の自分を持って鏡を見て、真実が目に浮かぶ。
切なくて、黙々としてのは自分を隠して空虚ですべてを覆い隠す。
苦しくなった、
目を閉じて週りの声に耳を傾け、沒頭喧騒の中に。
苦しくなった、
他の人に教える必要はない、自分の悲しみを引き受ける人もなぜだろう。
苦しくなった、集運淘寶
楽しいふりをすることができて、他の人と一緒に興奮で自分を忘れた。
苦しくなった、
慰めて別の悲しい者、自分も恩恵を受け、傍目八目だ。
誰は切ない、
誰も覚えている、
過去の二度と来ないように、
また思わずに行く必要があるか?
痛みも悲しみ!
独りで1人が
探し出せないで自分に合った位置
風が冷たくなって渇望に吸収して。
殘るのは漠然とした背中
不況物寂しい糖尿病
彼のお母さんの他の人に教えないであなたが苦しい、
学会に涙を心に殘って。
堕落して無罪、ただ繁華尽き!
私は血を刺し、一心に書いて通行人に~!

くいかんせん

誰を書き上げ碑蝶
誰が千年などの1回
紅塵の総夢がある
何必問はと非
世の変転を乗り越え
更に無の悔
誰が浮気に涙を
誰も夢で永
人生はこの酒
どのように飲むことはすべて酔う
過去の雲煙
平然と直面
……

一曲紅塵、これから、迂回百転。そっと向きを変えて、あなたを祝

福することを願って、私のために。

独りで歩くこの紅塵の中で、潮が満ちて潮が引く、淡望春の花の秋

月、いつ、どこでも、白い雲を聞いて、心はどこにいるの?

数十年の人生だけ、手に入れた、;失って、失った;経験、経験の

、忘れました、忘れたし、また思い出した、思い出の、このように

、繰り返して、尽きることがない。私は夢中に夢中、舎てたくない

、不忍離れ。会ったと認識は、しばしば隔て天と地。世の上を歩く

のは1回、私は見たことが多くの人が、多くの人が「私を見て」。で

は、「私」で知り合って誰ですか?誰が知って「私」?どのように

やっと本当の認識した一人ですか?言葉と行動でか、心にもないな

らそれが氾濫し、執の手をぎゅっ短い。瀋黙、问心、心は無限の深

い幽静かな海。

人も、いくつかのことを経験して、愛情、友情。ない人が永遠に楽

しくて幸せな日々を過ごして、誰が素直な自分に向かう強さと弱さ

。あなたは、成熟した、経験と苦しみ。あなたを幸せにするのは、

寛容と愛。あなたの心は、理解と信用。事実を変えることはできな

い、しかしあなたは態度を改め、なぜか、一部のものは変わらない



生活命中説明できないものがたくさんあり、だからこそ、からくり

がいっぱい、人は心をはせる。世間のことはあらかじめ手配のよう

に、あなたは生命の宿場にどれらの人に出会って、どれらのことの

ように、運命はとっくによく設計のプロットのような、まるで運命

はとっくに定数。

歳月は慌ただしくし往事はけむり跡。実は、私は本当に心がとても

行きたい一つ一つ遡及あれらの過去の雲煙が、現実にはしようがな

くて、あれらの美しい夢をあきらめなければならない!しか使って

簡単おかしいの文字を慰めて心の喪失、除外するように、どうする

こともできない!

生命の中で、身の回りの人が行き来し、陌路相逢、私達はすべてす

でに慣れて、人生の無常を、あまりにも多くのしようがなさが、あ

まりにも多くの感傷的になる!しかし、人は結局感情の動物。この

度の出逢いを知っているかもしれないが、最後の振り返って見て、

この縁を、どのようにすべきでないことを肝に銘じて?もしかする

と、たくさんの人は恥私という心の傷も春悲秋は臆病な表現。実は

、この真情あれらの人またなぜ本当に理解しますか?泣いて泣いて

、笑って笑った。涙は罪、繊細で、ただ彼らはもっと大切にし、感

じて!

昨日について、かつて、風のように遠く、私はずっと静かに見て。

風景は、俗事はなぜか少し熟知していたものがぼやけてしまう、ま

るで夢で安ちゃんの姿は、そんなに難しいタッチ。もしかすると時

間の非情で、抹殺の記憶の中でいくつかの深い画面;かもしれない…



人生の半ば、失われた愛は、あまりにも多く、後悔しても、戻れな

い、思い出だけを殘して瀋殿この歳月の中で。心身のすべての移動

し、何かはまたいつもの場所は?

ただ、一つの音、昔の事は潮のように襲われるようにして!あの親

切な笑顔、あの一段段クローズド昔、ここにまたそんなに明晰。空

気の中でゆっくりと徘徊、一心に体得しその株を淡い憂いと悲しみ

に、なぜか、一つの微笑に登った顔!もしも、何気なくいかんせん

ある痕。

人の一生どのくらいなのは無について、どれだけのは心から、いく

らじゃないの、また何が引き裂いて心を絡めた?弾指またたく間に

、何年も何十年そっとこのまま歩いたことがあって、かつて何度も

何度も幻想し、かつて憧れ過ぎて、私はあの花を憧れいっぱい成長

は心の美しさは散る。水の流れを見て、幸福の花が咲く。

実は、すべての人はすべてて違うのに、また同じ物語や悲しみや喜

び、止まらない。どんなときでも、どんな事をして、もしどんな環

境で、いつも一人が好きで、静かに、過去の痕跡を探して。毎回感

慨とき、また我慢文字で慰霊の1番、人を知っていて、すべてすでに

眠る時、もう一人でそっと懐かしくてかつて。

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R